コネクテッド・インクという多面体の側面-2

問い続けることの意味とは?創造的混沌とは?コネクテッド・インクとは?

コネクテッド・インクの受け止め方は、ワコムのチームメンバーにとってもさまざまです。それぞれが考えるものがコネクテッド・インクという多面体の一面を構成しているのだと代表取締役社長兼CEOの井出は言います。実際にどのような側面があるのでしょうか。ここでは、チームメンバーの心の灯りを起点にその一面を覗いてみます。

二人目は、ハイジ・ワンと共にコネクテッド・インクの立ち上げから企画運営を担っている桧森陽平です。Corporate Engagement担当として、さまざまなコーポレートイベントに包括的に携わる桧森が考えるコネクテッド・インクとは?

※「コネクテッド・インク」は、2016年よりワコムが主催する、アート、人間表現、学び、そしてそれらを支えるテクノロジーの新しい方向性を、ある問いから模索するイベントです。


コネクテッド・インクはどのように始まったのですか?

桧森:2016年1月、CES(Consumer Electronics Show)で製品展示を行うのと同時に、世界中の人たちにデジタルインクについて知ってもらおうと、ミニイベントとして開催したのが最初のコネクテッド・インクです。2017年までは、CESやIFA(国際コンシューマー・エレクトロニクス展)といった国際見本市に合わせて、年に数回開催していました。


その後いくつかの変遷をたどり、現在のコネクテッド・インクになったのですね。
桧森:初年度のコネクテッド・インクは、規模もそうですが、参加者も限られていて、内容も同じものの繰り返しが多く、このままではよくないと思ったんです。会社のイベントとして、長期的に意味あるものにしていくには、コンテンツの発展性や新規性も重要だと思いました。一年をかけて、どうすればコネクテッド・インクが会社のエネルギーを集中できるイベントになるかを考え、提案しました。そうして迎えたのが2018年のコネクテッド・インクです。開催地を東京に絞り、パートナーが一堂に会する場を作りました。2019年も同様の形で開催し、2020年に再び転換期を迎えることになります。井出さんいわく、アイデアが突然降りてきて、創造的混沌という世界観が大きな要素として加わりました。同時に、コロナウィルスの感染拡大という状況からオンラインでの配信を試みるなど、イベントの形にも大きな変化があり、現在に至ります。


想像を超える変化があったのですね。

桧森:そうですね。2019年までのコネクテッド・インクは簡単に説明できるのですが、それ以降のコネクテッド・インクは簡単には説明できなくて。昔の自分では目指しえないものがどんどん現れて、重なり合っています。年一回のイベントを通して自分が過去に目指していたものは、定義することが簡単すぎるくらい簡単なイベントだったと思います。でも、もしコネクテッド・インクが今の姿になるために自分がやってきたその過程があるのならば、やってよかったなと思います。



 

創造的混沌についてはどのように考えますか?
桧森:創造的混沌という言葉を使っているだけだと思っています。コネクテッド・インクでは、いろいろなものが自由に発信され、さまざまな人が交差して、多義的なものが生まれています。それをそれぞれの人が感じて、解釈して、時には悩んだり、迷ったりする人もいるのですが、そういった状況を含めて、創造的混沌という言葉で表しているのかなと思います。


チームメンバー(社員)やパートナー、コミュニティの反応は?

桧森:コネクテッド・インクの無限の包容力が認識され始めたという感覚があります。この場を活用しようとか、ひとつの目標にしようとか、それぞれの思いを包容できる場だと感じて関わってくれる方が増えていると思います。また、それが創造的混沌の強度を増幅していると思います。


コネクテッド・インクの包容力とは?

桧森:包容力というのか、吸収力というのか。定義が難しいのですが、何をやってもよくて、いろいろなことが起こっていて、それぞれが自由に感じているんですね。自分の好きなことを感じることが許されている空間ということかと思います。


コネクテッド・インクにとっての問いとはどういうものなのでしょうか?

桧森:問いに対しては、井出さんの強い想いがあると思うのですが、私自身も少しずつ理解しているところです。それぞれの価値観や好みなどが違うなかで、イベントの内容を定義しても、当てはまらない人が出てくると思います。でも、何かについて一緒に考えてみようということはできると思っています。そこから出てくる答えはみんなバラバラなのだけれど、一緒に考えることによって、ふっと同じ結界の中に入ることができるような。そのために問いがあって、問いかけに対する反応があるのではないかと思います。コネクテッド・インクで投げかけられる問いについて結論を出すことももちろんできるのですが、人それぞれの答えがあるはずですし、違ってよいはずです。ほんの一瞬でよいから、一緒に考えようということなのではないかと思っています。


自身にとってコネクテッド・インクとは?

桧森:大げさかもしれないのですが、コネクテッド・インクがあれば、やりがいを持って生きていける、かな。コネクテッド・インクがある限りは会社を辞めてはならないなって思うんです。あとは、自分の働きかけも含めて、コネクテッド・インクが今の姿になっているのだとしたら、価値を減じさせるようなことを招いてはいけないと思っています。例えば、法的な不備が生じてしまうとか、チームメンバーの中で意欲喪失が起きてしまうとか、コネクテッド・インクが何かわるいことに利用されてしまうとか。せっかく何と言ってよいのかわからないくらいになったコネクテッド・インクをそんなことでだめにはしたくなくて。それを一番下で自分が支えていられたらなという思いでやっています。


 












プロジェクト一覧

クリエイターになりたい-子どもたちの未来を応援する1

クリエイターになりたいという子どもたちの夢はチームメンバーの心の灯りと重なり、多くの取り組みにつながっています。鹿児島県錦江町のアニメーション制作ワークショップに協力しました。

詳細はこちら

デジタルインクテクノロジーをより多くの人に届けたい/中国での取り組み

デジタルインクテクノロジーの認知拡大と普及を目指すInk Division。中国で唯一のプロダクト・マネージャーとして挑戦を続けるラニー・ジャンに取り組みに対する思いを聞きました。

詳細はこちら

wacom

私たちの灯り‐昼下り海辺で/sammy

「私たちの灯り」では心の灯りをテーマにチームメンバーの作品を紹介してきました。今回は「かくこと」を軸にともに取り組みを進める神奈川県大磯町のアーティストによる作品を紹介します。

詳細はこちら

wacom

誰もが創造力を発揮できる場を/ワコム・エクスペリエンス・センター

コミュニティーとの交流を目的に生まれたワコム・エクスペリエンス・センター・ポートランド。その旗振り役を務めるメーガン・デイビスの心の灯りとともにこれまでの成長を振り返ります。

詳細はこちら

 

ただここで起こることがすべて/コネクテッド・インク2022

二つの大きな問いかけとともに開幕したコネクテッド・インク2022。東京で開催されたいくつかのセッションを紹介しながら振り返ります。

詳細はこちら

私たちの灯り‐光を運ぶ風/棕櫚

「私たちの灯り」では心の灯りをテーマにチームメンバーの作品を紹介してきました。今回は「かくこと」を軸にともに取り組みを進める神奈川県大磯町のアーティストによる作品を紹介します。

詳細はこちら

「かくこと」を支え続けたい/大磯町との取り組み

神奈川県大磯町とのコラボレーションは「かくこと」を軸に町全体の取り組みへと広がりをみせています。担当するクリエイティブBUの坪田直邦に話を聞きました。

詳細はこちら

a

コネクテッド・インクという多面体の側面-2

チームメンバーの心の灯りを起点に、コネクテッド・インクという多面体の一面を覗いてみます。二人目は、Corporate Engagementを担当する桧森陽平です。

詳細はこちら ::before ::after

s

コネクテッド・インクという多面体の側面-1

チームメンバーの心の灯りを起点に、コネクテッド・インクという多面体の一面を覗いてみます。一人目は、2016年から企画運営の中心的役割を務めるハイジ・ワンです。

詳細はこちら ::before ::after

社会に存在する障壁を乗り越えるには?/コール・アンド・レスポンス

2021年9月、ワコムは、株式会社ヘラルボニーと一般社団法人コネクテッド・インク・ビレッジと共に、「コール・アンド・レスポンス」(呼びかけと呼応)という新たな取り組みを始めました。

詳細はこちら ::before ::after


余韻の中に残るもの/コネクテッド・インク2021

当日行われた70近いセッションの中からオープニングとフィナーレを振り返り、コネクテッド・インク2021がもたらしたものについて考えてみます。

詳細はこちら ::before ::after

私たちの灯りー“The spark of love” by Jacky Yang

「心の灯り」をテーマに、二回目となるアートコンテストを開催しました。思いもよらぬ出来事にさまざまな変化が起こる中、今、そして未来へと続くチームメンバーの心の灯りを作品を通して紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

問いを立て進み続ける/
コネクテッド・インク2020

「コネクテッド・インク2020」は、終わりなき問いを続けていくワコムの新たな覚悟であり、挑戦の始まりでした。

詳細はこちら ::before ::after

物語をつないでいく舞台「ステージKOPPA」

コネクテッド・インク2020の舞台として制作された「ステージKOPPA」。多様な場面に応じて、形や役割を変化させ、そこで起こるさまざまな物語をつないでいくステージです。

詳細はこちら ::before ::after

s

私たちの灯りー“Mam and Dad’s Child Interest” by Stella Wang

「心の灯り」をテーマに、二回目となるアートコンテストを開催しました。思いもよらぬ出来事にさまざまな変化が起こる中、今、そして未来へと続くチームメンバーの心の灯りを作品を通して紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

s

私たちの灯りー秋山でのひととき/山本高廣

私たちの取り組みで大切にしている「灯り」をテーマに、チームメンバー(社員)を対象にしたアートコンテストを開催しました。チームメンバーによる投票で選ばれた三作品を紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

d

ステイホーム期間中に小学生向けオンラインお絵描き教室を開催

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、外出自粛をしていた子どもたちに何か楽しい時間を提供したい。FC KAZOとイラストレーター・すいいろさんと共に、小学生を対象としたオンラインお絵描き教室を開催しました。

詳細はこちら ::before ::after

サッカーを通じたワコムの新たな取り組み

FC KAZOと共にチームと地域を育てたい。ワコムは埼玉県加須市のフットボールクラブ「FC KAZO」のオフィシャルパートナーとして活動を支援しています。

詳細はこちら ::before ::after

私たちの灯り-"The spark is in you! Mirror portraits during times of isolation" by Oliver Madlener

私たちの取り組みで大切にしている「灯り」をテーマに、チームメンバー(社員)を対象にしたアートコンテストを開催しました。チームメンバーによる投票で選ばれた三作品を紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

休校中の子どもたちにオンライン・スケッチノーティング講座

新型コロナウイルス感染拡大防止による休校中の子どもたちを対象に、ドイツのチームメンバーがオンラインワークショップ「Young Wacom」を開催しました。

詳細はこちら ::before ::after

カスタマーサポートを通じてアーティストの「人生」を応援したい

アメリカでカスタマーオペレーションを担当するアレックス・ダフィーは、アーティストを支援する新たなプログラムを立ち上げました。このプログラムを立ち上げるきっかけとなったアーティストのデボン・ブラッグ氏との物語について、アレックスに聞きました。

詳細はこちら ::before ::after

3.KOPPAのはじまり/
「旅するKOPPA」の物語

KOPPAのはじまりは2019年4月。伊藤さんの展示制作がきっかけでした。展示後も「また誰かに使ってもらえるものにしたい。」KOPPAに込められた思いをお聞きしました。

詳細はこちら ::before ::after

2.もう、壊さなくていい/
「旅するKOPPA」の物語

自分たちで組み立てて、広げて、しまって、また一緒に旅に出る。壊すのが当たり前であった展示什器の在り方を大きく変えた「旅するKOPPA」が誕生しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

1.「KOPPA」との出会い/
「旅するKOPPA」の物語

建築現場の端材を活かせないかと、建築家の伊藤維さんの呼びかけで生まれた家具「KOPPA」。ワコムとの出会いは小さな偶然がきっかけでした。

詳細はこちら ::before ::after

私たちの灯り-“That Spark Inside”
by Simone Wolters

私たちの取り組みで大切にしている「灯り」をテーマにアートコンテストを開催しました。作品を通して、チームメンバーが大切にしている心の灯りの存在を紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

s

未来のエンジニアたちにマーケティングの講義

東京工業高等専門学校で技術者を目指す学生を対象にマーケティングの講義を行いました。

詳細はこちら ::before ::after

s

一台に最後まで責任を持つ
セールス担当の取り組み

高校生のデジタルコンテンツ制作支援のため、倉庫に眠るペンタブレットを高校のクラブ活動や学校対抗のコンテストの副賞として毎年贈呈しています。

詳細はこちら ::before ::after

未来の教育を考える
ライフロングインク×AI

学習中の視線データとペンの動きから、生徒個人の学習特性を明らかにし、個人に合わせた学習環境を提供する「教育向けAIインク」を開発しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

授業をもっと楽しく、クリエイティブに
Wacom Intuosを学校に導入

ブルガリアで働くソフトウエアデザイナー、ヨアナ・シメノヴァは、子どもたちのITクラスをもっと楽しくしたいとWacom Intuosを学校に導入しました。

詳細はこちら ::before ::after

サステナビリティに関連した当社の規範、
方針、体制等

詳細はこちら ::before ::after

Back to top
A+ A-
サポート