「今の私があるのは、才能ではなく、『決してあきらめない』という姿勢を貫いたから」

Crystal Kung、イラストレーター

ステレオタイプながら、強烈な個性を放つキャラクターイラスト

1994年、中国で生まれた Crystal Kung は、台湾の台北育ち。現在は、台北を拠点に 3D アニメーションの勉強をしながら、イラストやキャラクター制作でその優れた実力を発揮し、注目を集めている若手イラストレーターである。

彼女の描き出す作品の多くは、街で出会った人々や彼らのストーリーに基づくもの。そして、独自で創造し、紡ぎだしたストーリーを描いたものである。

Crystal は、すでにいくつかのデザイン賞にノミネートされ、『Frrresh Visual Arts』誌などにもその特集が掲載されるほど。学生ながらイラストレーターとしての地位を確立しつつある。

16 歳のときに初めて手にしたワコムのペンタブレットを用い、ほぼ独学で Photoshop でのデジタル アートの制作を開始。彼女の描き出す世界は、どちらかとういうと「西洋的」なキャラクターと曲線が特徴で、台湾に在住する大半のイラストレーターの描く世界やマンガとは異なる世界観が漂う。一見するとステレオタイプなその作品は、彼女のバックグラウンドを経て独自のスタイルと無限の創造性を磨きあげ、今や、多くの人が魅了される作品を作りだしているのだ。

線画、陰、光、色に注目、時代を感じる1920年代の女性のイラスト

Crystal Kung による 1920 年代の象徴的な上海女性の魅惑的なイラストを、光と影、着色と線画に焦点を当てながら、制作プロセスをステップバイステップで紹介する。

彼女にとって、影は光を際立たせ、キャラクターをより立体的にするものである。アーティストとしてのワークフローを強化し、時代精神にあふれる魅力的なイラストを制作するための貴重なガイドとしてこの洞察に富んだ eBook を活用してほしい。

メールアドレスを登録してアーティストのコンテンツをダウンロード

facebook

Become a friend

Twitter

Follow us

google

Add us to your circle

Back to top
A+ A-