「素材を組み合わせる中から生まれる
無限の可能性を楽しみたい。」

依田耕治、アートディレクター、
コラージュアーティスト

ひらめきに終わりはない コラージュアーティスト 依田耕治(Koji Yoda)

アートディレクターでありグラフィックデザイナーも務める依田耕治氏は、DIR EN GREY や GazettE といった日本の人気ロックバンドのアルバムカバーアートや、ロック界に一大センセーションを起こした BABYMETAL のファーストアルバムを手がけたことで有名なアーティストです。アーティスト一家に生まれた依田氏は、幼いころから家族の影響で、超現実的な芸術的手法を用いてさまざまな素材を組み合わせることで自分を表現するインスピレーションを受けていました。 

コラージュアーティストとして、キャラクター、植物と樹木、ペイントテクスチャやその他の魅力的な素材を盛り込み、ユニークな世界を築き上げています。依田耕治氏は小説や音楽からインスピレーションを得て、新しいクリエイティブなアイデアを自然にひらめくまでのプロセスを楽しんでいます。彼の CD および DVD カバーアートの全コレクションは、Rokushiki.jp でご覧いただけます。  

メールアドレスを登録してアーティストのコンテンツをダウンロード

Koji Yoda Interview

素材作成、合成、レタッチを複合し、感情や物語を表現するコラージュチュートリアル

依田の制作過程はユニークだ。作品のモチーフとなるテーマを、自分の中で解釈、分解、構築しながらアイデアを練り、それを形にする方法を考えながら素材を収集、必要に応じてみずから作成もする。それらの素材を配置し、重ねることで、さらにイメージは膨らんでいくのだ。この化学変化こそがコラージュ表現の醍醐味だと彼は考えている。

依田の作品は、見たこともないような物でありながら、確かな実体を得たかのような存在感をはなつ。チュートリアルでは、レイヤー合成やレタッチによって、異なる質感の素材を自然に組み合わせるコラージュのテクニックを紹介する。

メールアドレスを登録してアーティストのコンテンツをダウンロード

Back to top
A+ A-